足痩せダイエット 足やせで美脚づくり

 > 調理時に気をつけること

調理時に気をつけること

"肉や魚を切ったまな板や包丁を洗わずに他のものを調理すると、食中毒が発生する恐れがあります。肉や魚を調理したときは気をつけましょう。

肉や魚を切る前に野菜を切ると菌が移るのを防ぎ食中毒を予防することができます。肉・魚を切った後は、包丁とまな板は洗剤を使ってしっかり洗うことも大切です。また、まな板は生ものと野菜を切る面を別にすることも大切です。

まな板や包丁の取り扱い方に注意するだけでは、食虫毒を防ぐに十分ではありません。
肉や魚を触った手を洗わずに調理後の食品を触ると、食中毒を起こす菌が移ってしまいます。必ず手を洗うようにしましょう。
手を洗うとき生ものを触った手で蛇口を触ると、蛇口に菌が付いてせっかく手を洗ったのに蛇口を閉めるときに菌が手につきます。菌が付かないように、蛇口は腕などで開けるといいです。

魚を切ったときやエビの皮を剥くときなどに汁が飛んで食中毒菌が付着することがあります。調理後の食べ物をそばに置かないようにしましょう。

調理をするときに気をつけて食中毒を防ぎましょう。"

Copyright ©  足痩せダイエット 足やせで美脚づくり All rights reserved