足痩せダイエット 足やせで美脚づくり

 > スキンケア用品で気にする成分について

スキンケア用品で気にする成分について

"スキンケア用品を買うときは、いくつかの成分をチェックしてから買います。なお、美白系なのか、保湿系なのかによって気にする成分が変わってきます。

美白系だとトラネキサム酸、アルブチン、ビタミンC誘導体などが入っていることを気にします。特にトラネキサム酸は肝斑といわれるシミを消すのを助ける作用があります。また、シミに有効であるだけでなく、肌の炎症までも抑えてくれるのです。アルブチンはシミ予防に有効で、これ以上シミができるのを抑えてくれます。昔これらの成分が入った化粧品は大変高価でしたが、今は比較的お求めやすい価格で売られています。

保湿系は、最近はセラミド入りのものを探しています。セラミドが入るか否かで、保湿具合が全く違ってくるといっても過言ではありません。スキンケア系の書籍でも、「保湿系の美容液はセラミド入りのものを買ったほうがいい」と必ず書かれているほどです。
本来セラミドは人間の皮膚の中にも入っている成分で、とても肌に優しいものです。肌が酸化することによって、セラミドのバリア機能が破壊され、肌の乾燥や肌荒れが起こるのですが、スキンケア用品に入っているセラミドを使って補うことによって、乾燥肌や肌荒れを修復してくれるのです。
"

Copyright ©  足痩せダイエット 足やせで美脚づくり All rights reserved